高さを調整できるローソファーも!足腰の負担を考えた選び方

「ローソファーは嫌!」な理由は何ですか?

リビングにあるだけで、そのリビングの快適度をぐっと上げてくれるのが「ソフー」ですよね。でも、「一人暮らしのワンルームで置き場所が限られる」「赤ちゃんやペットが転落して危ない」などの理由でソファー生活を諦めている人もいるのではないでしょうか?そんなお悩み解決してくれるのがローソファーです。座面が低いため、狭い部屋でも圧迫感を与えず、床から近いため落下でケガをすることもないという優れモノですが、「ローソファーは嫌だな」という方が結構いるのも事実です。

では、ローソファーの嫌な理由として多いのはどんな点でしょうか?最も多いと思われるのが「座面が低すぎる」ことによる「立ち上がる際の足腰の負担」や「座椅子っぽくてソファ感が無い」というデザイン性への不満ではないでしょうか?

立ち上がりやすく、デザイン性も良好な「脚付ローソファー」

立ち上がりにくさと、デザイン性の欠点を一気にカバー可能な「脚付ローソファー」をご存知でしょうか?脚の形状は大きく分けて、一般的な四つ脚のものと、台状のものがありますが、いずれも座面を床から15センチ程度上げることが可能です。「たった15センチ」という印象かもしれませんが、この15センチの上昇で、ソファーの座面は一般的な日本人の膝の高さ程度に上がり、立ち上がりの際の足腰の負担がかなり軽減されます。 また、このような高さ調節を行うことで、布張りのものの多いローソファーと相性の良い木製の脚や台を組み合わせることで、デザイン性もグンとアップします。床から少し離れるだけで、ローソファーのメリットを十分に残しつつ、弱点をカバーすることもできるためおススメです。「ローソファーは苦手」という印象を持っていた方も、一度高さ調節が可能なローソファーをチェックしてみてはいかがでしょうか。