ローソファーだとお部屋が広く見える!圧迫感のない空間でリラックス

コンパクトなものから、コーナー用のローソファ―まで

お部屋にソファがあると、ひとり時間はリラックスでき、来客時にも困りません。しかしソファーは大きくて圧迫感があり、部屋が狭く見えてしまう場合があります。そこで近年はローソファ―が注目されています。部屋に置いても圧迫感がなく開放的に感じる、と人気です。一人用のコンパクトなものから、コーナー型のもの、リクライニング機能がついたものなど、様々な種類のローソファ―があります。

赤ちゃんやペットのいるご家庭では、座面の高さが床から20センチ以下がおすすめです。落下時の心配がありません。また、このくらいの高さですとコタツとの相性もいいですね。高齢の方がいるご家庭では、立ったり座ったりが足腰に負担をかけてしまうので、座面の高さ30センチ以上をおすすめします。床との間隔がかなりあるので、お掃除も楽です。

ローソファ―、どこに置く?

ローソファーを部屋に配置する際、どこに置いてもいいわけではありません。気を付けなければならないのが、背もたれの種類です。ローソファーの背もたれは、ハイバックとローバックの2種類があります。

ハイバックは、背中までしっかり寄りかかりたい人におすすめの背もたれです。リラックスできてとても良いのですが、ローソファーはただでさえ後ろに倒れやすいので、ハイバックになると更に転倒の危険が増します。ですので、なるべく壁につけるような配置にした方がいいでしょう。
ローバックは背もたれが低く、ハイバックに比べると転倒しづらいので、部屋の中央においても問題ありません。背もたれが低い分、お部屋も開放的に見えます。コタツ周りに置いて、足を伸ばすのもいいですね。